提供: すだち自由帳
移動先: 案内検索

メールサーバーでウイルスチェック(Postfix + Clamav + Amavisd)(CentOS8)

メインページ > CentOS_8_で自宅サーバー構築  > メールサーバーでウイルスチェック(Postfix + Clamav + Amavisd)(CentOS8)

Amavisd および Clamav Server をインストール

インストール

  • EPEL および PowerTools (デフォルト無効) からインストール
[root@host2 ~]# dnf --enablerepo=epel,PowerTools -y install amavisd-new clamd perl-Digest-SHA1 perl-IO-stringy

Clamav Server 設定ファイル編集

[root@host2 ~]# vi /etc/clamd.d/scan.conf
# 8行目:コメントにする
#Example
# 14行目:コメント解除
LogFile /var/log/clamd.scan
# 74行目:コメント解除
PidFile /var/run/clamd.scan/clamd.pid
# 78行目:コメント解除
TemporaryDirectory /var/tmp
# 93行目:コメント解除
LocalSocket /var/run/clamd.scan/clamd.sock

ログ設定と起動

[root@host2 ~]# touch /var/log/clamd.scan

[root@host2 ~]# chown clamscan. /var/log/clamd.scan

[root@host2 ~]# systemctl enable --now clamd@scan

Amavisd を設定して起動

[root@host2 ~]# vi /etc/amavisd/amavisd.conf

# 23行目:自ドメイン名に変更
$mydomain = 'srv.world';
# 155行目:コメント解除して自ホスト名に変更
$myhostname = 'mail.srv.world';
# 157,158行目:コメント解除
$notify_method = 'smtp:[127.0.0.1]:10025';
$forward_method = 'smtp:[127.0.0.1]:10025';

[root@host2 ~]# systemctl enable --now amavisd